そしてさくらは・・・

立て続けに更新~。

最近はもものことばかりで、さくらはどうしたんだー!と
さくらファン(←いない?)に怒られそうなので、久しぶりに近況を。

実は、さくらも11月始めからずっと病院に通っています。
あー・・・2匹とも病院通い(泣)
ま、ももは先が見えてきたのでいいんだけど
問題はさくら。

もともとさくらはお腹が弱い子で、昔から軟便気味でした。
お散歩に行くと、ゆるゆる~の便になっちゃったり・・・
でも、下痢になったことはありませんでした。

ところが10月末に突然、下痢&嘔吐が始まったんです。
泥状の便に赤いゼリー状の付着物。
白い泡状の嘔吐物。
こんなの見たことない!どうしたんだろう・・・風邪?
でもご飯は普通に食べるし元気なので、一日様子を見ました。

翌朝。
起きてみるとやっぱりトイレは下痢ウンで酷いことに(泣)
こりゃだめだってことで、病院へ連れて行きました。

初診での診断は、季節の変わり目で体調を崩したのだろうとのこと。
熱は38.2度の平熱。
かろうじて採取できたウンチを持っていったので
糞便検査もしてもらったら、悪玉菌が通常よりも多くなっていました。
この悪玉菌を減らして善玉菌とのバランスを元に戻す薬を出してもらい
この日は帰宅。

ご飯はふやかしご飯にして、通常の1/4くらいの量に減らして
徐々に増やしていきました。
薬も毎日飲ませました。

でも一進一退で、ウンチが硬くなってきたと思ったら
次の日は下痢に逆戻り。
良くなる気配がないので、再度病院へ。

再度糞便検査をしたら、まだ悪玉菌が多いとのこと。
抗生剤の効き目が弱いみたいなので、強めの薬に変えて様子見することに。
皮下注射の点滴もしてもらいました。
でもこれもだめ。

そして今日、再再診。ももと一緒に連れて行きました。
糞便検査をしたら、悪玉菌は減っていて問題なし。
おー!良かった=3
でも、下痢は治っていないので考えられることが2つあるとのこと。

1つ目は、普通の下痢よりも治りにくい下痢。
2つ目は、炎症性腸炎。

まずは1つ目の症状だと考えて、治療をしましょうと言われました。
今までとは別の薬にすべて変更(抗下痢剤、胃炎等の治療薬他)。
あとは食事療法として、高食物繊維に調整されたフード(ヒルズのw/d)を
しばらく与えてみる。
e0154179_119532.jpg
これで改善されればいいのだけれど・・・

さっそく今日の夜ご飯から与えてみました。

e0154179_1204941.jpg
無心にガツガツ食べてくれました!もちろん薬も混ぜちゃっていますよ。

e0154179_122194.jpg
初めてのフードだったから食べてくれるか心配だったけど
大満足だったようです。

下痢はとってもツラいと思うので、早く治してあげたいな。
地道に頑張ろうね、さくちゃん。
[PR]